パーソナリティ障害を解決する│円滑!コミュニケーションの達人

確実に治していきましょう

社会適応に悩む

悩む男性

人間には、様々な個性があります。人それぞの考え方や感じ方があり、お互いのパーソナリティを認めながら、社会が作られています。しかし、中には性格が極端に偏って、社会生活を送る上で自分や他人を苦しませてしまうような場合があります。気分の波が激しく、感情が極めて不安定で強いイライラ感を常に持っているおり、ちょっとしたことで癇癪を起こしてしまうという場合や、人接する際に失敗を恐れるあまりに、人との関係を完全に断ってしまうような場合、過度に依存性なってしまうということがあります。これらの性格の気質は、だれにでもあるものです。イライラを感じることや、失敗を恐れるという気持ち、誰かに頼りたいという気持ちは正常なパーソナリティの人でも誰でも持っています。しかし、これらの感じ方が極端になってしまい、頻繁にトラブルを起こしているという場合や、社会生活がおくれないというような場合は、パーソナリティ障害の可能性を考える必要があります。

パーソナリティ障害は、主にA群、B群、C群というように3つに分類分けすることができます。A群は、主に妄想的な信念や他人に対する不信感が強いという傾向があり、他者への関心が薄いという特徴があります。B群は、感情的で移り気なことが特徴で、ちょっとしたことでもすぐに衝動的にカッとなることや、他者の注目を集めたいがために派手で演技的な行動を取ることが有ります。自殺の素振りや自傷行為を行うこともあります。C群の場合は、常に不安を抱えており、他人へ過度に依存することや、失敗を恐れるあまりに人を遠ざけるということを行います。発症する原因として、遺伝的な要因や育ってきた環境という要因があると考えられています。特に大きく作用していると言われているものが、幼少期の母親との関係です。虐待を受けることや、失敗を常に指摘されていること等があると、ちょっとしたことでも不安に感じて自分自身の評価が低くなり、幸せを感じにくくなります。このような場合、他人に攻撃的になることや、人に依存を行うということがあります。これらは、薬物療法や心理療法を行なって改善していくことが可能です。強い不安感や怒り、衝動的な感覚を薬により穏やかにしていき、カウンセリングを併用することで問題となっている意識を大きく改善させて行くことができます。

性格に偏りを感じたら

足を握られる

人間には、それぞれの個性があり様々な性格の人がいます。しかし、中には性格が一部分に偏ってしまい、自分や他人が苦しむような事態になるということもあります。そのような場合はパーソナリティ障害の可能性があります。

►詳細はコチラから

サブメニュー

感情のコントロール

悩む女性

パーソナリティ障害にはB群と呼ばれるタイプがあり、非常に多くの人がB群に分類されます。感情のコントロールがうまくいかないということが特徴で、そのために衝動的に行動を起こして後々問題に発展するというケースがあります。

►詳細はコチラ

新着情報

失敗を恐れすぎる

医者

C群とよばれるタイプのパーソナリティ障害は人に過度に依存してしまうことや自分のルールに固執するあまりに計画外のことが起きるとパニックになることがあります。失敗を極度に恐れて人と接することができないというケースも有ります。

►詳細はコチラ

遺伝と環境

辛そうな男性

パーソナリティ障害は、誰もが持っている心の要素が極端に偏ったため発症していきます。遺伝や環境が関係していると言われ、特に幼少期の母親との関わり方が大きな影響を及ぼします。

►詳細はコチラ

治療法と周囲の対応

メガネの医者

パーソナリティ障害の治療法は、薬物療法と心理療法がメインになります。不安な気持ちや衝動的な気持ちを落ち着けるように薬を処方し、問題となっている意識を改善させていくことで解決につながります。

►詳細はコチラ