パーソナリティ障害を解決する│円滑!コミュニケーションの達人

遺伝と環境

辛そうな男性

パーソナリティ障害は、誰もが持っている心の要素が極端に偏りを見せているという状態です。この障害を抱えてしまうことで、性格が悪いと感じて自分で自分を責めてしまうような人も多いです。そのため、ストレスが生じてうつ病等の精神疾患を併発してしまうという人も少なくありません。元々の性格だけでなく、失敗による挫折や精神的に大きくショックを受けるような出来事が原因となり、性格や行動に偏りを見せるということもあります。パーソナリティ障害が発症する原因は、はっきりと解明されてはいません。しかし、大きな原因として考えられているものに、遺伝や環境があります。

パーソナリティ障害の原因として、遺伝の要因は、もともの性格傾向がパーソナリティ障害を抱えやすい傾向を持って生まれている人がいるということがあります。そして、一番大きな原因として考えられているものが、環境です。特に幼児期の環境は非常に重要で、幼児期に母親との愛情関係がうまく築けないというような場合、自己の確立ができないことや感情コントロールに大きな影響を与えてしまうことがあります。虐待を受けて育った場合や、欠点ばかりを指摘した場合、子どもが親の価値観に合わせて育ってきた場合等に自己否定感が強くなり、幸せを感じることが少なくなるということがあります。そのため、ちょっとしたことでも自己否定感を強めていき他者との関わりの中で、攻撃になることや、感情的に行動を起こすということもあり、自分自身や他者を傷つけてしまうということがあります。