パーソナリティ障害を解決する│円滑!コミュニケーションの達人

性格に偏りを感じたら

足を握られる

人間には、人によってそれぞれの個性があり、様々な性格の人がいます。その中で、性格が一部分に偏りを持ち、社会生活を送る上で、自分や他人が苦しむような事態になってしまうということがあります。感情のコントロールができずに、ささいなことでも癇癪を起こしてしまうようなことや、衝動的に行動を起こすことで後々問題になってしまうということが多いという場合、パーソナリティ障害という可能性があります。人によってあらゆる症状が現れるので、パッとすぐにわかるような特徴があるわけではありません。しかし、日常生活を送る上で性格の偏りから周囲や自分を困らせていると感じている場合、可能性の一つとして考慮していくことも大切です。

パーソナリティ障害は主に3つの分類にわけることができます。主にA群、B群、C群というようにわけることができ、A群は奇妙で風変わりなタイプと言われています。妄想性、統合失調型、統合失調性というものがA群に含まれます。妄想性の場合、広範囲での不信感や懐疑心があり、統合失調型では、感情の幅が狭く適切さを欠いた会話、統合失調質では、非社交的で他者への関心が乏しいということが特徴です。程度を弱めれば、それぞれ誰もが持っている性格傾向ですが、パーソナリティ障害では、これらの要素が強くでてきます。性格傾向として、奇病な振る舞いや妄想的な新年、現実と空想の混乱というものがあり、思い込みが激しく他人に対する不信感が強いという側面もあります。他人と関わることも苦手という人が多く、一人で過ごすことが苦にならないという人も多いです。健常の人でもこれらの傾向を持っている人は多いですが、このことが原因で社会生活をおくることが苦になるようなことが多い場合や、トラブルを引き起こしてしまうという場合はパーソナリティ障害の可能性も考えて対応を行うことが必要になる場合があります。