パーソナリティ障害を解決する│円滑!コミュニケーションの達人

失敗を恐れすぎる

医者

C群パーソナリティ障害では、回避性、依存性、強迫性というものがあります。依存性は、他者へ過度に依存してしまうことや、一人でいることが耐えられないという特徴があり、強迫性の場合は非常に細かいことや、ルールを守ることをメインとするあまり、予定や計画が狂うとトラブルを引き起こすことや、対人関係を円滑に運びにくいということがあります。回避制は、不安性ともよばれ、自己にまつわる不安や緊張が生じやすいという特徴があります。失敗や傷つくことを極度におそれ、そのために人接することをやめてしまうようなことで、社会的な活動や職業的活動を避けてしまうということです。不登校やひきこもりを引き起こすこともあり、孤独に生活することを選ぶという人もことも多いです。

正常なパーソナリティを持っている人でも、他人からの批判に敏感な人や、苦手な人間関係や社会状況を避けるという側面は誰にでもあるものです。嫌なことがあった場合は、正面から向き合うということよりもリスクや不安から逃げるという行動を取ることや、劣等感や自信の無さに悩んでいる人は多いことでしょう。しかし、パーソナリティ障害の場合は、あまりにも偏ってしまうことから、日常生活を送る上で、人との関わりを全く断ってしまうということも多いのです。しかし、人にわかってもらいたいという気持ちが強く、そのため過度に依存的になることもあります。心理療法や薬物療法を取り入れることで、自分自身の過度な劣等感やマイナス意識の修正を行なっていくことで、人との信頼関係を築いていくことができます。